[重要] フィッシング詐欺にご注意ください

02.23.2018 - written by  in セキュリティ

==========

[2018年10月3日 更新] Gandiの名を騙ったフィッシング詐欺が発生しており、今回は前回よりも緻密な言葉や文章で対象ユーザーにメッセージが送られています。受信したメールがGandiから送られたように見えたとしても、メール内のURLはクリックせずに、直接ブラウザのアドレスバーに http://www.gandi.net と入力し、ご自身のアカウントのダッシュボードから保留中の支払いがあるかどうかなどご確認ください。

※ メールアドレスの送信元を偽ることはいくつかの方法で可能であるため、Gandiが実際に使用しているメールアドレス ”support@gandi.net”と偽ってスパマーからメールが送信される可能性もあります。そういった場合、多くの場合でメールクライアント側でメール送信元を疑うアラートメッセージやマークが表示されます。

==========

Gandiのウェブサイトのログイン情報やクレジットカード情報を盗もうとするフィッシング詐欺が発生しています。gandi.net”メールアドレスに見せかけたメールアドレスでGandiのサービスを使用しているユーザーにメールが送信されています。メールのタイトルは “Vous avez une dette de 5.00 €”. のように多くの場合フランス語で書かれています。

こういった詐欺メールには本文にURLが含まれており、ログインIDとパスワード等を入力させて、支払い情報を盗もうとします。こういったメールを受信したら必ずURLをクリックしないようにしてください。

こういったメールを既に受信していて無視していたり、メールを削除した場合、Gandiのカスタマーケアにメールを転送したり、お問い合わせをする必要はございません。

メール内のURLをクリックしてページにアクセスして情報を入力した場合、このフィッシング詐欺を行っているスパマーにパスワードが盗まれている可能性があります。その場合、https://www.gandi.net をブラウザのアドレスバーに入力し直接Gandiにアクセスして今すぐパスワードを変更してください。

スパマーのウェブサイトで支払い情報を入力してしまった場合、今すぐ使用したカード会社に連絡して事情を説明して今後何をすればよいか相談してください。

(フィッシング詐欺についてWikipediaページもご確認ください。)