ドメイン名を移管する方法

06.04.2020  - 投稿者  カテゴリー: ドメイン名

所有する複数のドメイン名を一括管理するために一つのレジストラで管理したい、新しいレジストラが提供する機能を現在管理しているドメイン名で使用したい、今のレジストラを使うのが嫌になった、などドメイン名を移管するにあたって色々な理由が考えられます。

ドメイン名を移管する手順は少々ややこしいと思われますが、現在使用しているドメインレジストラのウェブサイトじょうでドメイン名のアクセス権限があることや、レジストリ側で登録されているドメイン名の登録メールアドレスを確かめたりなどしてドメイン名を盗まれないように保護することを第一の目的としています。

ドメイン名移管をゲームのクエストに例えてドメイン名移管の手順を以下の画像で視覚化してみました。移管についてのドキュメンテーションも合わせてご確認ください。

詳細な説明を始める前に、「ドメイン名の国ではレジストリが王様である」ことを覚えておいてください。画像で示されている道筋は .com .net などトップレベルドメインに当てはまります。

しかしドメイン名移管の規則は王様であるレジストリによって大きく異なる場合があります。

ドメイン名移管の準備

どのようなクエストにおいても、十分な準備を行わず自分の白を去ることは無謀であると思われます。ドメイン名移管においても同様で、ドメイン名移管を行う前に現行のレジストラのウェブサイトで移管ロックを解除したり auth code (移管用認証コード) を取得する必要があります。

ドメイン名移管を開始する

移管の準備が整ったら、ドメイン名移管を開始しましょう。移管を完了させるためには4つの確認事項をクリアする必要があります。最初は auth code (移管用認証コード) に関するものです。

現行レジストラから取得した auth code がレジストリが管理するものと一致すると、先に進むことができます。一致しない場合はドメイン名の移管はできません。その後レジストラがドメイン名のステータスチェックを行います。ドメインステータスチェックに合格するにはドメイン名の移管ロックが解除されている必要があります。

別の言葉で言うと、ドメイン名の状態が clientTransferProhibitedserverTransferProhibited の状態である必要があります。この状態にない場合はエラーメッセージが表示されます。

確認メール

次に移管先のレジストラからドメイン名移管を確認するメールが送信されます。移管を先に進めるためにメールを確認する必要があります。

現行のレジストラからの確認

その後レジストリ (このドメイン名移管王国の王様) から現行レジストラに移管をレジストラとして承認するかどうかのメールが送信されます。

現行のレジストラが移管の承認をすると移管はもうすぐ完了します。もし現行のレジストラから何も反応が返ってこない場合であっても5日後以降に移管を先に進めることができます。

ドメイン名移管を完了させる

上記のプロセスが完了するとGandiへのドメイン名移管は完了です。ドメイン名の所有者として連絡されているメールアドレスに承認メールが送信されます。承認された後Gandiのドメイン名管理画面で確認することができるようになります。

これでドメイン名の移管は全て完了しました。

Gandiへのドメイン名移管について、心配な点やご不明な点がある場合やサポートが必要な場合はご遠慮なくお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。