ドメイン名に絵文字を使用してみませんか?

07.20.2020  - 投稿者  カテゴリー: ドメイン名

スマートフォンがますます一般的になるにつれて、絵文字は文字通り、不可欠なものになりました。そして、7月17日は世界絵文字の日 (毎年7月17日、 この📆 絵文字の日付) で、毎日を明るくするこの新しい普遍的な言語に敬意を表したいと思います。

絵文字を含むドメイン名を登録できることをご存知ですか? ここでは、絵文字のドメイン名での使用法を見てみましょう。

絵文字ドメイン登録の条件

絵文字ドメインには新しい機会がたくさんありますが、登録には様々な法的および技術的な制限により、依然として比較的制限されている状態です。

限られた数のトップレベルドメイン

絵文字ドメインの登録に制限がある主な理由の1つは、絵文字ドメインを登録できるトップレベルドメイン (TLD) の数が非常に限られているという事実に関係しています。現在このタイプのドメイン名の登録を提供しているドメインは、.ws (ccTLD、またはサモアの場合は国コードのトップレベルドメイン) および.fm (ミクロネシアの場合はccTLD) のみです。

この制限は、新しいトレンドとしての絵文字ドメインの出現に続いて、ICANNセキュリティグループが絵文字ドメインの利用を反対していることが示しています。

ICANNセキュリティグループは事実上すべてのトップレベルドメインで絵文字ドメインの登録を禁止するように以下のような要点のレポートを出しています。

  • 様々な種類がある絵文字を区別することの難しさ。そのうちのいくつかは見た目が非常によく似ており、異なる色に変更することもできる。
  • 特定の端末で絵文字を表示するのが難しい、特に標準のASCII文字セット以外の文字 (英語で使用される文字) を変換するコーディングシステムである Punycode の使用が必要になります。 Punycodeは通常、éやßなどの国際的な文字、またはギリシャ語、中国語、アラビア語、その他のスクリプトの文字にも使用されます。

この問題の1つの具体的な例として、特定の絵文字は技術的に異なる絵文字を組み合わせることによって作成されていることです。たとえば、👪は👨+👩+👦と見えない結合文字を組み合わせたものです。問題は、これが 👪 という絵文字を使用するドメインの実際の名前をあいまいにすることになるということです。

一部のユーザーには 👪 が表示され、他のユーザーには 👨👩👦 が表示されます。 👪.ws での買い物に慣れている場合 (家族向けのアイテムに使用されていると考えられます)、フィッシング詐欺のウェブサイトが 👨👩🧑.ws を使用していても違いに気付かない場合があります。このような状況を回避するには、登録する前に絵文字ドメイン名の Punycode が一意であることを確認することをお勧めします。

コンピューターからのアクセス制限

キーボードで絵文字を打つことは可能ですが (WindowsではWindows +セミコロン、Macではctrl +⌘+スペースを使用)、絵文字の使用は、はるかに使いやすい絵文字キーボードが組み込まれているスマートフォンに限定されています。

さらに目的のURLにアクセスするには、絵文字をPunycode に変換する必要があります。 DNS は ASCII 文字のみを受け入れるためこの変換が必要です。 Punycodeを使用すると、Unicode文字 (絵文字など) だけでなく、特殊な国際文字もASCIIに変換できます。これは、絵文字キーボードを使用せずに、コンピューター上でウェブサイト 😀.ws に移動するには、xn--e28h.ws と入力する必要があることを意味します。

したがって、絵文字ドメインの登録に進む前に、使用可能なトップレベルドメイン (TLD) に関して選択肢が比較的制限されているので登録する前にしっかり検討する必要があります。とはいっても、特定の用途に絵文字ドメインを使用するとよいことがあるかもしれません。

絵文字ドメインを登録する理由

絵文字は新しいユニバーサル言語であり、サポートプラットフォーム、ソーシャルメディア、そして世代を超えて至る所で使用されています。 次はURLとして絵文字を見る機会が多くなっていくでしょう。

覚えやすい絵文字ドメイン名はマーケティング計画を実施するための有効なコミュニケーションツールになり得ます。コカコーラがプエルトリコに焦点を当てたキャンペーンで行ったように、多くの大手ブランドがす既にそうしています。

2015年、世界で最も有名なソーダブランドは、消費者を「オープンハピネス」というキャンペースに招待し、ハピネスを表すすべての絵文字を使用して .ws ドメイン名を登録しました。登録したドメイン名のリンクをたどることにより、インターネットユーザーは、自分の絵文字ウェブアドレスを獲得するための運を試すためにサインアップするように招待されました。ユーザーの大部分がスマートフォンからサイトにアクセスしたことで広く共有されました。

最近では、社会正義周知キャンペーンがこのドメイン名 👁👄👁.fm のおかげで話題になり、#BlackLivesMatter運動の組織を支援するために200,000ドルを集めました。

他のブランドは絵文字ドメインを使用して自社のサイトに転送しています。特に、Mailchimpは 💌.ws (xn--rr8h.ws) を使用し、バドワイザーは 🍺🍺🍺.ws(xn--xj8haa.ws)を使用しています。

2666の既存の絵文字、および今後追加される可能性のある全ての文字列の中で、唯一の制限はあなたの想像力だけです。例えば、ハンバーガーの絵文字とピエロの絵文字を使用すると、みんなが知っているファーストフードフランチャイズを表すことは容易に想像できます。

絵文字ドメインの登録を許可するTLDの数によって制限されていますが、絵文字が確立されるにつれて、いくつかの欠陥も解決され、ICANNのセキュリティ専門家は絵文字ドメイン名についての考えを再検討し、ドメイン名の世界に革命を起こす絵文字への扉を開くかもしれません。

絵文字ドメインの歴史

2001年 : 2001年4月19日の最初の3つの絵文字ドメインが登録されました。☮️.com、♨️.com、♨️.net

2004年: IDNA2008が有効になる前は、☺️.comの登録は、まだリダイレクトURLとして使用されていました。

2011年: Mac OS X Lionのリリースにより、最初のグローバルな絵文字ドメインである 💩.la の登録が可能になりました。

絵文字ドメインの未来はどうなるでしょうか? それは企業がこれらの新しい機会にどのような関心を抱くかにかかっています。ただし、ICANNの推奨事項を考慮することも重要です。絵文字ドメインは楽しいですが、本質的でない用途にのみ使用する必要があります。

.ws
.fm