スタートアップ用に最適なドメイン名を選ぶ為の7つのヒント

07.19.2019  - 投稿者  カテゴリー: ドメイン名

成功を収めるスタートアップを構築するには、正しい基盤を築くことが重要です。あなたのビジネスが有名ブランドに変わって、ニッチに際立たせるためには、ビジネスに記憶に残るような直感的なアイデンティティを与える必要があります。ドメインには選択肢が豊富にあるため、ビジネスに適したドメイン名を見つけるのは非常に大変な作業になります。

ドメイン名はブランディング全体にとって重要な要素です。なぜならドメイン名がおそらくあなたのブランドに対するユーザーの最初の接点になるからです。実際、ブランド化可能なドメイン名は、企業が所有できる最も価値ある資産の1つなのです。

少し考えてみましょう、長くごちゃごちゃしたスペルの間違ったドメイン名はスパムドメインにしか見えず、信頼を失いかねず記憶にも残りません。これにより逃す可能性のある機会がどれほどあるのか想像してみましょう。

この記事では、完璧なドメイン名を作成するために必要な要素を紹介し、あなたのビジネスに最適なウェブアドレスを選択する方法を解説していきます。

良いドメイン名とはどのようなものか?

スタートアップのアイデンティティはそれを確立するために多くの力を注ぐべき要素です。なので、良いドメイン名を探すときは、素晴らしいドメイン名とは何か、という事をすべて覚えておく必要があります。

良いドメイン名の要素:

意味がある、関連している、信頼を置ける

短くシンプルで覚えやすい

言語的、文法的ミスがない

従事する業種や業界に関連している

ユニークで目立つ

スタートアップ用良いドメインの選び方

これから解説する良いドメイン名を選ぶ為の7つのヒントを実践してスタートアップ用に適切なドメイン名を選びましょう。

短くまとめる

短いドメイン名は理解しやすく覚えやすく、ドメイン名は18文字以下である事が理想的です。世界で最も成功しているブランドの多くは、この単純なルールに沿って、短くて意味のあるドメイン名を使い続けています。例:

www.microsoft.com

www.apple.com

www.samsung.com

良いドメイン名には絶妙な印象を残し、ビジネス全体のブランドに価値をもたらします。

しかし、そのようなよくある短いドメイン名は大体既に登録されています。1つの選択肢は、業界関連のドメインエクステンションでドメイン名を選ぶことです。たとえば、航空業界大手のエミレーツ航空は、商品ストアのドメイン名としてwww.emirates.storeを選択しました。ロンドンを拠点とする中小企業Huskもwww.husk.storeと同様です。短くてわかりやすい他のドメイン名の例は次のとおりです:

www.louder.online

www.shadow.tech

www.untold.site

数字、ハイフン、名前のミスを避ける

ドメイン名を短くまとめると共に、ドメイン名を単純にすることも重要です。ドメイン名の一部として数字、ハイフン、特殊文字、略語、またはスペルミスの単語を含めると、覚えにくくなり、口頭でのコミュニケーションが難しくなります。

例えば、www.squaresix.siteは、www.square-6site.comまたはwww.square6.siteと比較して、より良いドメイン名だと一目瞭然では無いでしょうか。

ラジオテストフレンドリーのドメイン名にする

ドメイン名を短く、シンプルに、そしてコミュニケーションしやすいものにする事を確実にする一つの方法はラジオテストの使用です。ラジオテストは、あなたのドメイン名の理解がどれほど簡単かを評価するテストです。これは、特に音声検索の時代に、ドメイン名の複雑さを評価するのに役立ちます。また、第一印象でユーザーがあなたのドメイン名をどれだけよく理解できるかを判断するのにも役立ちます。

例えばイベントに参加してウェブサイトのドメインについて話している状況を想像してみてください。自分の口でドメイン名を言って他の人に理解してもらえない場合、恐らく他の人はドメイン名をすぐに忘れてしまい、可能性のあった貴重なパートナーシップを失うなんて事にもなりかねません。

例えばwww.thecooking.siteなんかは覚えやすいドメイン名であり、違いなくラジオテストに合格するでしょう。

記憶に残るドメイン名を作る

短くて簡単な、ラジオテストフレンドリーなドメイン名を選択することは、ドメイン名が記憶に残るものであることを確認する良い方法です。しかし、記憶に残り、意味が込められているドメイン名も理想的です。

文脈的に意味を持つドメイン名はより覚えやすくなり、あなたが誰で、何をしているのかという感覚を表現する事ができます。

これは最終的にあなたのブランドストーリーに結びつき、ユーザーがドメイン名を覚えていれば、問題なくインターネット上であなたを見つけることができます。

例えば、「Break Into Tech」という企業では、文脈に富んで直感的なドメイン名www.breakinto.techを使用しています。このドメイン名によりブランドにより多くの感情を追加し、ブランドを目立たせる事ができます。

SNSプラットフォームで名前が利用可能かチェックする

もう一つ考えなければならないのが、選択したドメイン名が利用可能かどうかです。ドメインがネット上に登録されているかどうかを確認するのは簡単ですが、さらなる可用性を考えた時、ドメイン名の利用可能性だけでなく別の場所での利用可能性も見ておく必要があります。例えば、オンラインでユーザーと交流したい場合は、ソーシャルメディアでそのドメイン名を使う事ができるか考える必要があります。ブランディングのベストプラクティスとしては、継続性と記憶性を確保するために、ドメイン名と一致するソーシャルメディアハンドルを使用することが強く推奨されます。

ドメイン名を絞り込む前に、そのドメイン名がソーシャルチャネルで利用可能かどうかを確認しましょう。

法的問題に巻き込まれないようなドメイン名

さらに考えなければならないのは、選択したドメインが著作権または商標の問題に該当しないドメイン名であるべきという事です。ドメインを選ぶときは、選んだドメイン名がそのような問題に該当せず、法的闘争に巻き込まれるリスクが無いという事を確認しましょう。誰もそのような問題には巻き込まれたくないですよね。

ドメイン名を選ぶ過程で、著作権と商標のデータベースをチェックしましょう。将来的に拡大を計画している場合は、さらにグローバルな調査を実施してください。

適切なドメインエクステンションを選ぶ

最後に、あなたの会社にぴったり合い、記憶に残る、利用可能なドメインを見つける過程で、.com、.co、.net、.bizなどの従来のエクステンションを使うのか比較的新しいエクステンションを使うのか、という事を考えてみましょう。新しいドメインエクステンションには、より多くの柔軟性というメリットがあります。

eコマースビジネスに従事している場合は、.storeドメインを選択しましょう、ハイテクスタートアップなら、関連する.techドメインを選びましょう、メディア事業に進出している場合は、.pressドメインを選択しましょう、自分の事業に合った新しいドメインエクステンションを選択するのは非常に重要な要素です。

結論

スタートアップ用に最適なドメイン名を見つけることはロケット科学のように難しいものではなく、上記のシンプルなルール(短くシンプルにまとめる、ラジオテストフレンドリーに、記憶に残る、SNSで利用可能、法的リスクがない)に従うだけです。

Gandiで自分に合ったドメイン名を探してみましょう!

https://www.gandi.net