COVID-19レポート : 皆さんが知っておくべきこと

04.02.2020  - 投稿者  カテゴリー: ディスカッション

Gandiのサービスを継続して提供できるようにGandiは世界中にいるスタッフ一丸となって仕事を続けています。

この投稿では以下をご確認いただけます。

  • あなたのビジネスを継続していくためのベストプラクティスについてドメインレジストラであるGandiの観点から
  • サイバーセキュリティにおける脅威についての情報
  • ドメインレジストリが行っている対応
  • Gandiがサポートしている活動

あなたのビジネスを継続していくためのベストプラクティス

現在の状況でビジネスを継続していくための大事なポイントは適応と必要なことのみへの集中です。ドメインレジストラの観点から行うことができることについてまとめました。

1. ドメイン名やサーバーの更新

ドメイン名やサーバーインスタンスの期限日を確認して更新を怠らないようにしましょう。

現在の状況では生活や健康など命に関わることに意識がいき、更新日までに更新せずにいてしまうかもしれません。この投稿を見た方は念の為ドメイン名の自動更新を設定しておいてください。

少なくとも自動更新を設定するだけでサービスが使えなくなるという心配はしなくて済むようになります。更新日が過ぎるとドメイン名の再取得のため追加で費用がかかることになるので、十分ご注意ください。

自動更新について詳細はドキュメンテーションをご確認ください。

2. Gandiクラウドサーバー

現状を鑑みて、より多くの人を救えるようなプロジェクトや情報共有のためのウェブサイト、学校に行けない子供や学生向けのファイル共有など、多くの人々の手助けになるようなプロジェクトや団体にサーバーを提供しています。

“cloud-solidarity@gandi.net”までメールをいただければご対応致しますのでご連絡ください。

3. オンラインショップ

あなたのビジネスはオンライン上で確認可能ですか? 何かを販売している場合はこの機会にオンラインショップを立ち上げてみてはいかがでしょうか。

Gandiではオンラインショップを開始するために必要なツールやサービスは以下の記事でまとめられていますのでご確認ください。

売上を促進するオンラインショップの始め方

サイバーセキュリティ:ネット詐欺にご注意ください

1.  認知を高める

新型肺炎(COVID-19)により世界中の人々の間で危機感が広まっている中、不安を煽り犯罪に巻き込むようなネット上の詐欺事件が発生しています。

COVID-19関連のフィッシングメールなど、不審なメールを受信した場合や文言を見かけた場合はご注意ください。不審なURLはクリックしないようにしましょう。

サイバー犯罪とCOVID-19について」という記事もあるので合わせてご確認ください。

2. ドメイン名を使用した迷惑行為に対抗する

COVID-19に関連した詐欺目的のドメイン名からユーザーを守るために、.euドメインのレジストリであるEURidは欧州委員会と共にドメイン名に関する規則を設けました。

追加された規則は、現在のパンデミックに関連した特定のキーワードを使用した既に登録されているドメイン名や今後新しくドメイン名に適用されます。

該当するキーワードが含まれているドメイン名の所有者は個人情報を承認し、ドメイン名が善意のもと使用されるということを宣言する書類を数日以内に提出する必要があります。

今回のパンデミックに関連したキーワードが含まれる.euドメインの場合、該当のドメイン名が詐欺に使われているウェブサイトに使われている可能性がある場合、3日以内に書類を提出する場合があります。

  • 既に登録されているドメイン名
    ドメイン名が正常に使用されているという証拠が提出されなかった場合、ドメイン名の使用は停止されます。
  • 新しく登録するドメイン名
    ドメイン名が正常に使用されているという証拠が提出されなかった場合、ドメイン名は有効化されません。
  • ドメイン名が詐欺行為など犯罪行為に使用されていると判断された場合は、警察など関連機関に自動的に通報されます。

このような措置は2020年の後半まで継続され、EURidと欧州委員会の決定により延長される可能性もあります。

ドメインレジストリが行っている対応

いくつかのドメインレジストリでは更新期間の規則をゆるめ、ドメイン名の期限が切れた後の更新期間の延長などを行っています。

いくつかのドメインレジストリでは更新期間の規則をゆるめ、ドメイン名の期限が切れた後の更新期間の延長などを行っています。

1. 再取得(復元)費用の免除

もし期限日が切れて再取得しなければいけない場合でも、通常支払う必要がある割高の再取得金額を支払う必要がなく、更新時の金額のみで継続して使用できるようになります。

以下のレジストリが対応しています。以下は対応するレジストリ、トップレベルドメイン、免除期間です。

  • Google Registry — .app, .dev, .soy, .how, .page, .new  .みんな — 3月30日から8月6日まで。
  • CORE Registry—.сайт, .онлайн, .بازار — 2020年4月1日から12月31日まで。
  • Verisign—
    .TV, .CC, .NAME, .コム (.xn--tckwe), .닷컴 (.xn--mk1bu44c), .닷넷 (.xn--t60b56a) and .קום (.xn--9dbq2a) 2021年1月1日まで。
    .com, .net— 2021年1月1日まで。
  • .eus— 2020円4月2日から7月30日まで。
  • .scot— 2020年4月3日から7月31日まで。
  • .gal— 2020年4月6日から。
  • GMO Registry—.shop, .tokyo, .nagoya .yokohama— 2020年4月15日から7月30日まで。
  • XYZ—.baby, .college, .monster, .protection, .rent, .security, .storage, .theatre, .xyz— 2020年12月31日まで。
  • Radix—.fun, host, online, .press, .site, .space, .store, .tech, .uno, .website— 2020年7月31日まで。
  • Top Level Design—.design, .gay, .ink, and .wiki— 2020年4月16日から7月31日まで。
  • KKWT—.blog— 2020年4月16日から6月29日まで。
  • .tickets—2020年7月31日まで。
  • art—2020年7月31日まで。
  • .mx— 2020年4月16日から5月31日まで。
  • .club— 2020年4月10日から7月31日まで。
  • .me—2020年7月31日まで。

2. 更新費、再取得費用の後払い

所有しているドメイン名を所有し続けられるために、以下のレジストリは、正当な理由がある場合は更新と再取得の費用について柔軟に対応をすると発表しました。

  • .cat: レジストリはスペインにおける緊急事態宣言が終了して30日後まで更新費の支払いを後から支払いできるようにしました。ケースバイケースの案件として取り扱われます。.catの更新費用後払いを行いたい方はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

4. ドメイン名再取得に関するその他の対応

以下のレジストリがドメイン名の再取得に関するリクエストをケースバイケースで受け付けます。ご質問がある場合はカスタマーケアまでお問い合わせください。

  • .org— 2020年4月1日から6月30日まで。
  • Afilias—.info, .mobi, .pro, .bet, .black, .red, .blue, .kim, .green, .archi, .promo, .llc, .organic, .移动, .lgbt, .loto, .pet, .ski, .bio, .vote, .voto, .poker, .pink, .shiksha,.global— 2020年4月1日から12月31日まで。

公共の利益になるサービスへのサポート

皆の団結がこのような状況には一番大事です。

今回の状況に影響を受けている人をサポートする公的なプロジェクトが多く立ち上がっています。ここではそのようなプロジェクトを皆さんに伝えるお手伝いできればと思います。(以下はフランスにおけるサービスです)

1. Wizishop

フランスのオンラインショップ作成ツールであるWizishop は現在の外出自粛における実店舗を持つお店への影響を鑑みて、#Ecommercesolidaire というお店のオンラインショップ開設活動をサポートしています。

Wizishopでは今回の危機が去るまでサブスクリプションを購入する必要なく無料でオンラインショップを開設できるようにしており、GandiではWizishopのツールを使ってオンラインショップを開設すると .fr ドメインを無料で提供しています。

2. 健康サービス

フランスの病院団体(La Fondation des Hôpitaux de France)では医療従事者や病気にかかっている人や隔離されている人向けに寄付を募っています。

集まった寄付はフランスの病床を増やすため、医療従事者の心理的援助を行い、医療機器を購入するために使われます。

こちらから寄付を行うことができます。

Fondation des Hôpitaux de France

多くの地方政府やコミュニティでマスクや消毒液や食べ物などの寄付や分配が行われています。ご自身が所属している区や市、その他コミュニティなど確認してみましょう。