TMCHを使用してオンラインでブランド名を保護しましょう
ウェブ開発者向けアドバイス 企業向けニュース

TMCHを使用してオンラインでブランド名を保護しましょう

インターネットの使用が広がり、ますます多くの企業がビジネスをオンラインで展開するにつれて、.com のような古典的なトップレベルドメインを使用すると、希望のドメイン名を取得できないほど飽和状態にあります。ドメイン名市場の飽和に立ち向かうために、ICANN (インターネット上のドメイン名の委任を管理および規制する組織) は、数百種類のジェネリックトップレベルドメイン (gTLDとも呼ばれます) を段階的に導入しています。2013年以降、企業はドメイン名を利用して市場をより正確にターゲットにすることができるようになりました。

DNSゾーンをクリーンに保つ必要がある理由
ウェブ開発者向けアドバイス

DNSゾーンをクリーンに保つ必要がある理由

DNSゾーンからDNSレコードを削除することを忘れないようにしましょう。ハッカーに狙われ、ハッキング被害の引き金になる可能性があります。
自分のパソコンに保存されたファイルや文書など、デジタル空間は常に整頓されている状態であるとは限りません。未読のタブを開いたままにして、パソコンの電源を落とさないまま外出したり、書きかけの文章の上にまた新しく文章を書き始めるなど、整頓されていない状態であることがかなりあるのではないでしょうか。混沌は創造性が生まれてくるきっかけになりますが、たいていの場合はただ単に掃除が必要なだけです。

プレミアムDNS を活用してサイトの稼働時間を最大にしましょう!
新機能とリリース

プレミアムDNS を活用してサイトの稼働時間を最大にしましょう!

規模に関わりなく、ビジネス活動はサイバー攻撃によってますます頻繁に脅かされています。 2020年の前半に、DDoS攻撃の数は今までより151%増加しました。 COVID-19の世界的大流行の直接的な結果ではありますが、危機が過ぎ去った後であっても、このようなDDoS攻撃がなくなることはありません。
こういった理由でGandiでは、オンラインサービスの可用性がオンラインビジネスにとって重要であるため、中小規模のビジネスプランでプレミアムDNSオプションの提供ができるように優先して実装しました。

商標保護サービス TMCH に .com ドメインに関する通知サービスが追加されます
企業向けニュース

商標保護サービス TMCH に .com ドメインに関する通知サービスが追加されます

8月末以降、TradeMark ClearingHouse (TMCH) は通知サービスに.comを追加しました。 TMCHは、サイバースクワッティング に対抗するための監視プログラムであるTMCHに登録した商標に対応する.comドメインが登録されている場合、登録者に通知が送信されます。

SSL証明書に関する7つのよくある質問
ウェブ開発者向けアドバイス ビギナーガイド

SSL証明書に関する7つのよくある質問

2014年以降Google検索エンジンは、ウェブサイトとエンドユーザー間のデータ転送が安全であることを確認し、ウェブサイトのセキュリティを強化するために、サイト管理者にウェブサイトでのHTTPS暗号化の有効化を促進し始めました。通常ウェブサイトにアクセスするときは、HTTP経由でウェブサーバーに接続し、ユーザーがサイトにアクセスできるようになります。ただし、すべてのデータは平文で送信されます。この場合誰でもサイトから通信されるデータを簡単に盗み見ることができます。

SSL/TLS証明書の有効期間が1年間ごとになります
新機能とリリース

SSL/TLS証明書の有効期間が1年間ごとになります

Appleがインターネット上のセキュリティの改善について発表した制限を受けて、SSL/TLS証明書の国際的な規制内容が変変更されることになります。認証局(CA)は、SSL/TLS証明書の有効期間を最大12か月に短縮することに同意しており、この措置は2020年9月1日から実施されます。

IaaS、PaaS、SaaSなど知っておくべきキーワードについて
ウェブ開発者向けアドバイス ビギナーガイド

IaaS、PaaS、SaaSなど知っておくべきキーワードについて

クラウドコンピューティングとはコンピューターとネットワーク、ソフトウェアを誰でもどこからでも使用できるようにする技術やサービスのことを指します。
大きく分けて3つのビジネスモデルがクラウドコンピューティングにはあり、それらは IaaS、PaaS、SaaSと呼ばれますが、この3つの単語はクラウド初心者にとっては難しく感じてしまうかもしれません。